FC2ブログ

年年歳歳花相似,歳歳年年人不同

自然や社会に対してふと考えてしまうときがあります。 そんな思いを少しだけ書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ヒトに飼われ続けたカイコ

絹糸を取るために,実に数千年もの間,ヒトによって飼育され続けたカイコ。昆虫分野は全くの門外漢なので知りませんでしたが,カイコはもはやヒトがいなければ生存することができないようになってしまっているとか。成虫は飛ぶことすらできなくなってしまっているそうですね。

このような例を見ると,生物に先天的に備わっているといわれている本能であるとか,遺伝情報であるとかは,親の後天的な生活環境の影響を受けるのでは...と感じてしまいます。個体一代では影響が確認できなくとも,累代にわたって同じような生活環境におかれると,遺伝子レベルで変質を遂げる影響が積もり積もって発現してくるものなのでしょうか。あるいは,ある日突然変化を遂げた結果なのでしょうか。それとも,遺伝子そのものは変化せずに,野生の時に励起していた部分が眠ってしまい,別の部分が支配的な働きをしているだけなのでしょうか。

いずれにしても,もともとはヒトの存在など必要とせずに成長でき,飛ぶこともできていたであろうカイコが,その性質を変えてしまうとは不思議です。あぁ,専門家に聞いてみたい。
スポンサーサイト
このページのトップへ

Search

Information

花鳥風月

Calendar

06月 « 2006年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。