FC2ブログ

年年歳歳花相似,歳歳年年人不同

自然や社会に対してふと考えてしまうときがあります。 そんな思いを少しだけ書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

見事な一手

チェスにおいて,感動を覚える見事な一手。まぁ,人それぞれだと思いますが,私が感動したものの一つをご紹介しましょう。

Vladas Ivanovich Mikenas (白) 対 David Bronstein (黒)の1965年の試合です。下の局面で黒番です。Bronsteinの次の一手でMikenasは投了しました。


Mikenas vs Bronstein, 1965.



黒が指した次の素晴らしい一手は,Rxa3。この単純な一手で白の戦闘力は瓦解します。この手が示されれば「なるほど!」と理解できますが,このような一見簡単な手を実戦の中で指すのは大変難しいと思います。冷静沈着な判断に敬服します。

スポンサーサイト
このページのトップへ

チェスの魅力

チェスに魅了されて1年ほどが経過しました。日常の合間に少しずつチェスの勉強をしてきたのですが,自分のチェスに対する愛着の源泉はなんなのかがようやくわかった気がします。

チェスには,ピンと張り詰めた「静」とそれを一瞬にして破る「動」が見事なバランスで閉じ込めれています。ピースを犠牲にする瞬間の不安と決意,何気ない一手が深遠な戦略構想の確かな一手であることを理解できたときの高揚感,これらが私の心をとらえて離さないのです。

よい手が閃いたときや名棋譜を辿ったときは,パズルを解いた時の爽快感に似た感覚を得ます。

もっとも,このような特徴は,おそらく他のゲームやスポーツなどにもあることでしょうが...。

日々,もう少し自由な時間があればもっともっとチェスをたのしむことができるのに...と思うのは贅沢な欲求なのでしょうね。(溜息)
このページのトップへ

チェスに魅了され...

最近,チェス(Chess)に興味を持ち少しずつ勉強しています。

コンピュータがグランドマスター(GM)に勝った負けたというニュースも時々流れ,もはや人間がチェスを指す意味が失われたといった主張も散見されますが,私はそうは思いません。やや陳腐な喩ですが,優秀な電卓があるからといって筆算の練習が無意味とはいえないからです。

さて,チェスですが,その起源は古代インドのチャトランガ(Chaturanga)に遡るといわれています。
チャトランガはサンスクリット語で「4つ(chatur)の要素(anga)」を意味しているとのこと。4つの要素とは,軍隊の要素である象,馬,戦車,歩兵を指すようです。かつてはチャトランガは4人制のゲームとして成立し,その後2人制のゲームが生まれたとする説が有力でしたが,近年では2人制のゲームが先に生まれ,その後バリエーションとして4人制ゲームが誕生したという見解が有力となっているようです。

いずれにせよ,長い歴史の中で揉まれ,現代に生き残ったチャトランガの子孫であるチェスは世界で最もプレイする人の多いボードゲームです。チェスは日本の将棋と同様に二人零和有限確定完全情報ゲームに分類されますが,将棋と異なり,捕獲したピースは再びボード上に復活させることはありませんので,消耗戦の性質が色濃く出ているといえます。ゲームが進行するにしたがって徐々に生き残っている兵力の種類と数が減少していきますので,序盤戦・中盤戦・終盤戦で異なる様相を見せてくれます。そうした変化も魅力の一つです。

チェスの美しい戦略・戦術に魅了され,暫くの間,楽しい余暇を過ごせそうです。
このページのトップへ

Search

Information

花鳥風月

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。